さっしーブログ

埼玉県在住のシステムエンジニアです。基本的には技術的な内容を中心に発信していきます。

FuelPHPのWeb開発環境をVagrantで構築する No.2

 

9.FuelPHPのインストール

※Vagrantで起ち上げたサーバー内で以下を実施
 
/vagrant/project/fuelphpの中で以下のコマンドを叩く
 
1.fuelphpの圧縮ファイルをダウンロードする
$ curl http://fuelphp.com/files/download/34 -o fuelphp-1.7.3.zip
 
2.解凍する
$ unzip fuelphp-1.7.3.zip
※ここで解凍に失敗する場合がある。
自分はここで解凍に失敗してしまったため、Macでダウンロードを行い、解凍してからサーバー内へ持ってきました。
 
3.解答したフォルダ内へ移動
$ cd fuelphp-1.7.3
 
4.composerを更新する
$ php composer.phar update
 
5.Apacheの設定(VirtualHostの設定
 
「conf.d」へ移動する
cd /etc/httpd/conf.d
 
vi fuelphp.conf
※設定ファイルの名前は「fuelphp.conf」でなくてよい
 
fuelphp.conf
Listen *:7777
NameVirtualHost *:7777
 
<VirtualHost *:7777>
    DocumentRoot /var/www/project/fuelphp/fuelphp-1.7.3/public
    ErrorLog logs/fuelphp_error.log
    CustomLog logs/fuelphp_access.log combined
    <Directory /var/www/project/fuelphp/fuelphp-1.7.3/public>
        DirectoryIndex index.php
        AllowOverride All
        Order allow,deny
        Allow from all
    </Directory>
</VirtualHost>
 
※上記を設定後にホスト端末からアクセスして繋がらなかった場合は、ファイアーウォールの設定やVagrantfileのprivate network がコメントアウトされていないかなどを再確認しよう。
 
Apacheを再起動する
$ sudo service httpd restart
 
上記が完了したら、http://192.168.33.10:7777にアクセスする
 
ここでタイムゾーンに関するエラーが発生したら、fuel/app/config/config.phpに以下の設定を追加してあげる
 
'default_timezone' => 'Asia/Tokyo',
 
これであとはお好きなようにfuelphpで開発が可能です。
 

10.その他Vagrantの操作コマンド

スリープ
$ vagrant suspend
 
スリープからの復帰
$ vagrant resume
 
シャットダウン
$ vagrant halt
 
再起動
$ vagrant reload
 
 
以上