さっしーブログ

埼玉県在住のシステムエンジニアです。基本的には技術的な内容を中心に発信していきます。

cocos2dxをMacに導入してみた

目次

1.環境

  • cocos2dx(3.15.1)
  • macOS Sierra(10.12.5)
  • xcode
  • C++

2.手順

2-1.公式サイトからcocos2dxをダウンロード

2-2.ダウンロードファイルの配置

任意の場所にフォルダを作成し、そこにダウンロードしてきた圧縮ファイルを配置して解凍します。 
 

2-3.cocos2dxのセットアップ

ターミナルを開き、配置した「cocos2d-x-3.15.1」のフォルダの中に入り、以下のコマンドを叩く。

./setup.py
 

2-4.セットアップ完了後

ターミナルを再起動すると、cocosコマンドが利用できるようになっています。
 

2-5.アプリケーションの作成   

以下コマンドのオプションはざっくりと以下になります。

  • -p -> パッケージ名指定
  • -l  -> プログラミング言語指定
  • -d -> 保存先フォルダ名
cocos new sample -p cocos.sample.saiki-y -l cpp -d ~/cocos2dx_sample
 
作成されたプロジェクトの中に入ると、「proj.ios_mac」があるので「[プロジェクト].xcodeproj」をクリックするとxcodeが起動して作成したプロジェクトがインポートされます。
 

2-6.xcodeへのインポート後

アプリケーションを実行するとシミュレータが起ち上がり、cocosの画面が表示されます。
 
 
以上