さっしーの技術関連備忘録

技術的な内容を忘れないようにメモ....

cocos2dxをMacに導入してみた

環境
     cocos2dx(3.15.1)
     macOS Sierra(10.12.5)
     xcode
     C++
    
手順
     
     1.公式サイトからcocos2dxをダウンロードする。
 
     公式サイト
 
     2.ダウンロード後、解凍を行い任意のフォルダへ配置する。
 
     3.ターミナルを開き、配置した「cocos2d-x-3.15.1」のフォルダの中に入り、以下のコマンドを叩く。
     
./setup.py
 
     4.セットアップ完了後、ターミナルを再起動すると、cocosコマンドが利用できるようになっています。
 
     5.任意の場所で以下のコマンドを使用してプロジェクトを作成します。
     
     以下コマンドのオプションはざっくりと以下になります。
     -p -> パッケージ名指定
     -l  -> プログラミング言語指定
     -d -> 保存先フォルダ名
     
cocos new sample -p cocos.sample.saiki-y -l cpp -d ~/cocos2dx_sample
 
     6.作成されたプロジェクトの中に入ると、「proj.ios_mac」があるので「[プロジェクト].xcodeproj」をクリックするとxcodeが起動して作成したプロジェクトがインポートされます。
 
     7.インポート後、アプリケーションを実行するとシミュレータが起ち上がり、cocosの画面が表示されます。
 
 
以上