さっしーブログ

埼玉県在住のシステムエンジニアです。基本的には技術的な内容を中心に発信していきます。

Debian7にてiptables-persistentを使用してみた。

目次

 

1.iptablesで特定ホストへの制御を行う方法

1-1.環境

  • Debian7.11

1-2. iptables-persistentのインストール

下記コマンドを実行してiptables-persistentのインストールを行います。
$ apt-get install -y iptables-persistent
 
※iptables-persistentを設定する理由としては、
① Debian系のディストリだと、iptablesの設定を再起動しても動くようにするにはちょっと工夫が必要らしく簡単に導入できる方法としてiptables-persistentが必要らしい。
② コマンドで設定していては修正が柔軟ではないため、ファイルを読み込ませて設定反映できるようにする。
 

f:id:y_saiki:20170920184253p:plain

 

1-3.ルールファイルの保存

IPv4のルールファイルの保存ダイアログにて、「はい」を押下する。

f:id:y_saiki:20170920184453p:plain

  

IPv6のルールファイルの保存ダイアログにて、「はい」を押下する。

f:id:y_saiki:20170920184502p:plain

 
インストール作業が進み、ルールファイルが作成される。 

f:id:y_saiki:20170920184512p:plain

  

1-4.ルールファイルの格納場所を確認

下記のディレクトリに移動して、中を確認すると「rules.v4」「rules.v6」の2ファイルが作成されている。
/etc/iptables
 

f:id:y_saiki:20170920184522p:plain

 

1-5.ルールファイルの中身を確認

下記のコマンドでファイルの中身を確認する
$ cat rules.v4
 

f:id:y_saiki:20170920184531p:plain

 ※ここは後程設定することしたため、ここでは未設定のまま。
 

1-6.iptables-persistentの起動

下記のコマンドで起動させる。
※おそらく下記のコマンドのみでは、仮想マシンの再起動後に手動で起動しなくてはいけないと感じる。そのため、サービスに登録して自動起動させてあげる必要があると思う。ここは実際に試していないのでわからない。
 
$ service iptables-persistent start
 

f:id:y_saiki:20170920184540p:plain

 

1-7.下記のコマンドでiptablesの中身を確認する。

$ iptables -L
 

f:id:y_saiki:20170920184550p:plain

 

2.IPv6の設定を変更する

※今回はIPv6は使用しない認識なので、いったんすべて拒否を行う設定にしておく。
 

2-1.IPv6のルールファイルを開く

$ vi /etc/iptables/rule.v6
 

2-2.ルールファイルを編集

ファイルを以下の内容で書き換える
 
*filter
:INPUT DROP [0:0]
:FORWARD DROP [0:0]
:OUTPUT DROP [0:0]
 

2-3.iptables-persistentの再起動

/etc/init.d/iptables-persistent reload
 
 
 以上