さっしーブログ

埼玉県在住のシステムエンジニアです。基本的には技術的な内容を中心に発信していきます。

Pyrhon入門 クラスを作成してみよう

f:id:y_saiki:20171024233602j:plain

目次

1.実行環境

  • Debian7.11
  • Python2.7

2.Pythonでのクラスの書き方

Sample.py

# -*- coding: utf-8 -*-

class Sample:

  def __init__(self, arg):
  # クラス初期化時の処理を記述

  def [関数](self):
  # 関数内の処理を記述

クラスを定義する際は、クラス名の前に「class」を付けて、セミコロンで閉じます。

そして、クラス内にinitという関数を定義します。 このinitは特殊な関数でクラスの初期化時に実行される関数です。 Javaで言うところのコンストラクタですね。

引数にはselfという自分自身を表すインスタンスを必ず受け取ります。 selfを受け取っていないとエラーになりますの注意してください。

クラス内で関数を定義するときもselfを受け取ります。

pythonではこのような感じでクラスを書きます。

3.プログラム内でクラスを使ってみる

main.py

# -*- coding: utf-8 -*-

class Sample:

  def __init__(self, name, age):
  self.name = name
  self.age = age

  def selfIntroduction(self):
  print "My name is " + self.name
  print "Age is " + self.age

sassy = Sample("sassy", "28")
sassy.selfIntroduction()

4.プログラムを実行してみる

以下のコマンドでプログラムを実行してみます。

$ python main.py

実行結果は以下になります。

My name is sassy
Age is 28

5.別ファイルに定義されたクラスをプログラムから使ってみる

別ファイルで定義した場合、実行対象のmain.pyでSample.pyを読み込んであげる必要があります。 今回ではSample.pyのSampleクラスをインポートしますので以下の1文をプログラム内に記載してあげます。

from Sample import Sample

構文はこのような感じになります。

from [モジュール名] import [クラス名]

※クラス名だけでなく、関数や変数も定義できます。 ※ちなみにpythonではimport文はソースコード内のどこに記載してもエラーにはならないです。

main.py

# -*- coding: utf-8 -*-

from Sample import Sample

sassy = Sample("sassy", "28")
sassy.selfIntroduction()

Sample.py

# -*- coding: utf-8 -*-

class Sample:

  def __init__(self, name, age):
    self.name = name
    self.age = age

  def selfIntroduction(self):
    print "My name is " + self.name
    print "Age is " + self.age

6.プログラムを実行してみる

以下のコマンドで実行してみます。

$ python main.py

実行結果は以下のようになります。

My name is sassy
Age is 28

以上