Sassyブログ

埼玉県在住のシステムエンジニアです。基本的にはIT技術関連の内容を中心に発信していきます。たまにゲーム関連ネタも載せます

【DIY】50インチのテレビを2×4の木材とラブリコを使って壁掛けしてみた

どうもSassyです!

半年くらい前に家のテレビを壁掛けしてみました!

完成したものはこちらです。

壁掛けしたテレビ

結構雑に作ってしまいましたが、取り付け後は申し分ない仕上がりとなりました。

50インチテレビとなるとツーバイフォー木材とラブリコでの壁掛けは危ういかもとも思いますが、今のところ大丈夫です!

用意すべき道具

  • ツーバイフォー(2×4)木材 2本
  • テレビ壁掛けアーム 1個
  • ラブリコ 2個
  • 六角レンチ
  • ドライバー
  • 電動ドライバー(ドリル)
  • メジャー

テレビ壁掛けアームはこちらを購入しました。

このアームは55インチまで可能らしいのでできる限り重さに耐えられるもの、そしてアームを伸ばしてテレビを手前に寄せたり左右へ向きを変えられるところがよさそうでしたのでこちらを購入しました。

また値段も他と比べて安いです。

安くて実際に使ってみて丈夫でよかったのですが、壁への取り付けネジが六角レンチでないと取り付けられません。

マウント自体も重いので取り付けにはかなり苦労しました。。


次に木材についてはこちらを購入しました。

ツーバイフォーの木材はこちらで壁の天井の長さを図って、そこから約9センチほど短く切ります。
(約9cmというのは適当ではなく、ラブリコに記載されておりますのでよく読んでその分の長さを引いた長さの木材を使用してください。)

切る時はノコギリでもいいですし、ホームセンターで持ち込んだり、購入したりすると向こうで切ったりできます。

私は近くのホームセンターで100円ほどで切ってもらいました。


ラブリコはこちらを購入しております。

ラブリコの他にディアウォールというものもありますが、ラブリコはツッパリがあり取り付けがディアウォールと比べると簡単だと思います。

そのため、ラブリコを選択しました。

しかし、ラブリコはツッパリ式なので定期的な締め具の確認を行ってください。


取り付けの流れ

まずはマウントの取り付け部分の幅を図ってツーバイフォー木材を設置します。

ツーバイフォー木材を設置したら壁掛けアームを当ててみてネジを打つ位置を決めます。

鉛筆などを使ってマークを付けておくとよいです。

マークしたところに電動ドリルで穴を開けていきます。

壁掛けアームがかなり重く六角レンチで締めながら自分の手で支えるのが厳しかったので物積み上げて壁掛けアームを固定させてました。

すみません…かなり雑な固定の仕方です…笑

壁掛けマウントを取り付けている最中

取り付ける前にアームの角度を調節しましょう。

壁掛けアームの取り付けが完了したら、テレビにマウントを取り付けていきます。

テレビ取り付け後、再度角度を微調整します。

出来ました!

壁へ取り付け後のテレビ

位置もちょうどいい高さです。

1点失敗したのはこちらで紹介しているアームに付属のネジが長くてツーバイフォー木材を横に取り付けたらツーバイフォーを貫通し壁に穴をあけてしまいました(笑

こちら取り付け前に気づいていたのですが私はめんどくさがりなので自分の家の壁だし、とりあえず気にしないで取り付けちゃいました(笑

賃貸などで壁に穴を開けたくない方はこちらのブログ主様のページをご覧になるといいです!

こちらのブログ主様は木材を縦にしてその間に木材を差し込み上手に取り付けています。
(取り付け後にこちらのブログ記事を閲覧しとてもよかったので、誠に勝手ながらリンクを張らせていただきました。)

www.monomono-blog.com