Sassyブログ

埼玉県在住のシステムエンジニアです。多ジャンルなブログですが、基本的にはIT関連の内容を中心に他のちょいちょい他ジャンルの記事も発信していきます。

Amazonで購入したダイキン空気清浄機(KAFP080B4)の社外フィルターについて

どうもSassyです!

今回は4~5年ほど使用しているDAIKINの空気清浄機フィルターを購入しました!

我が家では空気清浄機は1年中フル稼働しているため、フィルターが汚れやすいのです。

毎週欠かさず空気の取り込み口のフィルター掃除はやっているのですが、最終的に通過する中の集塵フィルターと脱臭フィルターが汚れていては意味が無いので今回夏場ですが、手に入れられるうちに購入しました。

我が家で使用している空気清浄機は以下になります。

フィルター交換対象の空気清浄機

では早速購入した商品を見ていきたいと思います。

ダイキン空気清浄機フィルターの箱

PUREBURGさんが出している商品です。

値段は4890円でした(2021/07/12時点)

箱を開けるとこのような感じで梱包されております。

梱包の中身

梱包を取り外してみましょう。

見た感じ意外としっかりしてそうな感じです。

新しい集塵フィルターと脱臭フィルター

我が家の5年使用した汚いフィルターと新しいフィルターを見比べていきましょう。

まずは脱臭フィルターからです。

左が5年使用したフィルターで、右が新しいものです。

5年使用(左)と新品(右)の脱臭フィルター

脱臭フィルターはちょいちょいゴミが詰まってますが、それほど汚くなっていないように見受けられます。

そしてちょっとこの写真を撮影しているときに気づいてしまったのですが、今回購入した脱臭フィルターが純正のと比べると穴が大きいんですよね…

そこがなんか残念で新しい方は効果あるのかなと感じました。

次は集塵フィルターです。

左が5年使用したフィルターで、右が新しいものです。

5年使用(左)と新品(右)の集塵フィルター

集塵フィルターは純正のと比べると遜色ありません。

5年使用のフィルターがどれだけ汚いのかがわかります。

今までも掃除機で汚れは吸い取ったり、フィルターを叩いて汚れを取り除いたりはしていたのですが、やはり隙間に入ったホコリまではキレイには落とせずでした。

そのためこの商品を購入して交換出来て良かったです!

そして肝心の実際に取り付けた後1週間使用した感じは…

吸引力は上がった気がします。

そして匂いも落ち着きました。

ただ脱臭フィルターの効果なのかは定かではありませんが、とりあえずは純正品でなくてもある程度の効果は発揮されてましたし、早めにフィルター交換してケアをしておくのは大切だなと思いました!