Sassyブログ

埼玉県在住のシステムエンジニアです。多ジャンルなブログですが、基本的にはIT関連の内容を中心に他のちょいちょい他ジャンルの記事も発信していきます。

窓枠を傷つけない?ネジ不要ブラインド、 ロールスクリーンで誰でも簡単模様替え!

始めに

皆さんの家ではロールスクリーンやブラインドを取り付けていますか?

一軒家であれば予め業者さんに取り付けてもらったりされているかと思います。

賃貸であれば、カーテンレールはあらかじめ取り付けられているかと思いますが、ロールスクリーンやブラインドまでとなるとさすがに中々付いていませんね。

しかし、実際取り付けようとすると基本的に窓枠にネジを打ち込まないといけません。

DIYに慣れていない方は取り付けに苦労しますし、いざ失敗したら穴の跡が残ってしまい気になりますよね。

賃貸であれば借りている物件なので穴あけなんてとてもでき無いと思います。 (逆に部屋を出るときにお金が高くつきます)

ということで今回は TUISS というカーテン・ブラインドの通販会社で 穴あけビス不要のロールスクリーン を実際に注文してみたのでご紹介します!

今回取り付ける窓はこちらです。

幅:160cm、高さ:70cm

になります。

殺風景なのでTUISSでロールスクリーンをオーダーメイドしてオシャレにしたいと思います。

TUISSとは?

100年以上の歴史を持つ、ヨーロッパの名のある老舗インテリア企業「Hunter Douglas」を親会社として2000年にイギリスで創業された会社です。

www.tuiss.co.jp

ウィリアム・モリスコレクションなど、ヨーロッパの有名デザイナーによるカーテン、ロールカーテン、ブラインドを数多く取り扱っており、取り付けも窓や壁を傷つけることなく、自分自身で簡単に行うことができる商品も多数あります!

穴あけビス不要とは?

ネジを使わないので窓枠に穴を開けずブラケットの取り付けが行えます!

そのため、賃貸物件等で室内をオシャレにしたい人におすすめです。

突っ張り式って大丈夫?

小~中くらいの窓であれば問題ないかと思います!

だいたいの部屋ではリビングの大きい窓にはカーテンを取り付けると思いますし、ブラインドやロールスクリーンを取り付ける場所としては小~中くらいの窓になるかと思います。

また、TUISSの穴あけビス不要商品の良いところとしてはスプリングと固定するためのロックが付いていることに加えて突っ張る部分の面積が横に広いので圧力が分散されしっかり固定できるところです!

TUISSを選ぶべき理由

  • 品質保証期間がどのサイトよりも長い
  • 無料サンプルで事前に生地の触り心地を確認できる
  • 入力フォームで高さと幅を入力すればピッタリのサイズで届く

実際に注文してみる

ではTUISSのサイトから注文してみます!

注文はすごい簡単でアカウント作らなくても注文できます。

まずは幅と高さを測って入力します。

スクリーンなので天井付けにして、中の光が外に漏れないように遮光タイプにします。

次に今回は穴あけしないので突っ張り式を選択します。

コントローラーの位置も指定します。

コントローラーはスクリーンを開閉するための紐のことです。

購入金額が25000円以上の場合は送料が無料になります!

そしたら決済画面へすすみ情報を入力して決済を行いましょう!

これだけであなたの手元にピッタリサイズのオーダーメイドスクリーンが届きます。

紹介する商品について

今回ご紹介する商品についてはこちらです!

ウイリアムモリス いちご泥棒 スカイ ローマンシェード

室内全体が白なのと、取り付け箇所が階段についている窓なので、デザインは強いですがあまり主張させすぎない色合いを選びました。

生地も厚みがありしっかりしていて長く使える感じがします。

オーダーメイドなので配送には時間がかかります。

おおよそ2~3週間ほどです。

私は2週間ちょっとで届きました!

実際に取り付けてみた

では届いたので実際に取り付けていきたいと思います。

説明書は電子化されているので紙では付いてきません。

しっかり梱包されております!

梱包を外すとブラケットとスクリーンの2つのみになります。

ブラケットは横幅が6cmほどになるのでそこそこ幅があります。

側面にはマジックテープがあります。

スクリーンにもマジックテープが付いていて最後にブラケットに付いているマジックテープに合わせて留めます。

このマジックテープ結構強力なので1度つけると外すのに手間がいりますが、その分しっかり固定してくれます!

突っ張り部分を見てみましょう。

太いスプリングが2本入っており、このスプリングの力で突っ張らせてロックをかけて固定します。

下記の画像右側にプラスチック製ロックレバーがあるので取り付ける前に引いてロック解除してください。

レールを取り付けたらレバーを戻してロックをかけます。

こんな感じでブラケットの取り付けは簡単にできました!

ブラケットの取り付け位置は窓枠ぎりぎりにしています

それでは早速スクリーンを取り付けましょう!

ここから私少し苦労しました…笑

説明書に記載が無かった部分を踏まえ、ここで上手く取り付けるためのポイントをお伝えしていきます!

まずはスクリーンには、あらかじめマジックテープが付いているので一度はがします。

私は最初マジックテープをはがさなかったので取り付ける時に下記画像部分のマジックテープがブラケットに付いているマジックテープとくっ付いてしまい邪魔になり上手く取り付けられませんでした…

なので最初にマジックテープを外しておくことをおすすめします。

その後、ブラケットの手前側にスクリーン部分を引っかける金具がついておりレバーをすべて手前に引いてあけておいてください。

スクリーンは手前から引っかけて最後奥側に差し込みます。

下記の画像の様に金具にしっかり付いていることを確認してください。

問題なければレバーを押し込みロックをかけます。

全てのレバーを押し込んでロックをかけたら、外したマジックテープを元に戻します。

戻すときはブラケットについているマジックテープにも付けてください。

取付完了しました!

ロールスクリーンを下げてみます。

すごくオシャレで良い感じです!

サイズもピッタリです!

最後に

いかがでしたでしょうか?

TUISSのロールスクリーンやブラインドには穴あけビス不要タイプがあります。

購入の際にも簡単な入力フォームで情報を入れればあなたの窓にフィットする形で商品が届きます!

保証期間もメーカ保証1年+部品・コード等の保証4年となっておりますので、万が一スプリング等が緩んだり破損したりしても修理代だけの負担なので安く済みそうです。

ぜひ、賃貸物件にお住みの方やDIYに不慣れな方でも取り付けが簡単に行えるので試してみてはいかがでしょうか?