さっしーブログ

埼玉県在住のシステムエンジニアです。基本的には技術的な内容を中心に発信していきます。

Windows10でHyper-vをセットアップしてみた

目次

1.概要

今回現場でローカル環境で現行システムを動かすのに、ローカルマシンに仮想環境を構築しました。
その際の仮想化ソフトとして、WindowsのProエディションに標準搭載されている
Hyper-vというソフトを使用して構築したため、そのセットアップ手順をまとめておきたいと思います。
 

2.環境

  windows10 Pro
 

3.手順

3-1.Hyper-vの有効化

①PowerShellを管理者として実行する。
 
②以下のコマンドを実行して、hyper-vを有効化する。
       
$ Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName Microsoft-Hyper-V -All
 
※コマンド終了後にOSの再起動が必要です。
 

3-2.Hyper-vの内部スイッチ作成と、NAT作成  

①PowerShellを管理者として実行する。
 
②以下のコマンドを実行して、内部スイッチを作成する。
$ New-VMSwitch -Name [スイッチの名前] -SwitchType Internal
 
③作成したスイッチの情報を確認する。      
$ Get-NetAdapter | ft Name,ifIndex,InterfaceDescription,Status
  

出力例)

  +--------------------+---------+-----------------------------------------+------------+
  |Name                | ifIndex | InterfaceDescription                    | Status     |
  |--------------------+---------+-----------------------------------------+------------+
  |vEthernet (internal)| 22      | Hyper-V Virtual Ethernet Adapter #4     | Up         |
  +--------------------+---------+-----------------------------------------+------------+
  
④作成したスイッチのIPアドレスを設定する。
$ New-NetIPAddress -InterfaceIndex [③のifIndex] -AddressFamily IPv4 -IPAddress 192.168.1.1 -PrefixLength 24
 
⑤NATを作成する。       
$ New-NetNat -Name VMNatNetwork -InternalIPInterfaceAddressPrefix 192.168.1.0/24
 
⑥PowerShellを終了する。       
$ exit
 

3.Hyper-vマネージャを起動 

Hyper-vの有効化を行うことで、Hyper-vマネージャアプリが追加されるのでHyper-vマネージャが起動可能になります。
 
以上