Sassyブログ

埼玉県在住のシステムエンジニアです。多ジャンルなブログですが、基本的にはIT関連の内容を中心に他のちょいちょい他ジャンルの記事も発信していきます。

CX8のフロントフェンダーを外す方法

始めに

どうもSassyです!

今回は洗車ついでにCX8のフロントフェンダーを取り外して掃除を行いました。

フェンダーとか車いじりする人でないと中々外したりすることはないかと思います。

しかし私は結構お構いなしにやってしまいます。

そして、これを取り外すとかなり汚れていました…

併せてワコーズのスーパーハードコートで樹脂劣化を抑えるためにコーティングを施しました。

では簡単に手順を紹介していきたいと思います。

準備

手順

まずはフェンダー内側に樹脂製の留め具が付いています。

ドア側の方の下の部分についている留め具2つをマイナスドライバーを使って取り外します。

留め具にはマイナスドライバーが差し込めるくらいの隙間があるので差し込んだ後、ドライバをクルっと捻って横から縦にするイメージで回します。

そうすると留め具が浮くので手で引き抜きます。

刺さっている方向に対してまっすぐ引き抜いてください。

樹脂製なのでぐりぐり捻りながら外すと破損したりする恐れがあります。

また冬場は硬くなったりしていますので、気を付けて作業をしましょう。

カバーを取り外します。

結構硬い場合がありますが、無理に取らず少しづつ力を加えながら手前に引きます。

カバーを外したらフロントフェンダーの取り外しが可能になるので、まずは下から順番に外していきましょう。

取り外せました。

後はボディとフェンダーの間に手を入れて少しづつ手間に引き1つ1つ留め具を外していきます。

全て取り外すとこんな感じに。

中が結構汚かったのでクロスで拭きとりました。

反対側も同様の手順で外していき2つ取りました。

取れたフェンダーは一旦立てかけておきます。

結構泥や砂が付着していて汚いです。

しっかり洗い流しましょう。

水気をしっかり拭き取った後はワコーズのスーパータイヤコートを使用して樹脂パーツをコーティングしていきます。

スーパーハードも持っているのですが今回は簡単に…笑

こんな感じでしっかり磨いてコーティングを行いました。

結構ドレスアップしているCX8をたまに見かけますが、年数経つと意外と樹脂パーツが劣化していたりするので、細かいところですがこういったところをしっかりケアしていると遠くから見てもキレイに見えますよね。

大切にしていきたいと思います。

最後にフェンダーを差し込んで元に戻せば作業完了です。

最後に

フロントフェンダーは結構簡単に取り外せました。

あまりに砂などが詰まってる中々取りにくいかと思いますが年に1回くらいは取り外して洗ってあげるのがよさそうですね。

取り外しについては自己責任のもと行ってください。

次はサイドを取り外してみたいと思います。

今回使用した ワコーズ スーパータイヤコート はこちらになります。

ワコーズ STC-A スーパータイヤコート A410 480ml A410 [HTRC3]

また、ワコーズ スーパーハードはこちらの商品です。

ワコーズ SH-R スーパーハード 未塗装樹脂用耐久コート剤 W150 150ml W150 [HTRC3]

スーパーハードの方が耐久性が良いです。