Sassyブログ

埼玉県在住のシステムエンジニアです。基本的にはIT技術関連の内容を中心に発信していきます。たまにゲーム関連ネタも載せます

【DIY】家の周りに小石を敷くためにレンガブロックで仕切りを作ってみた

どうもSassyです!

色々DIYにも手を着けております。

今回のDIYについて

今回は家の横と裏側に防草シートを敷いて、さらにその上に小石を敷こうと考えてます。

家は○○産業グループの建て売りで買ったんですが、家と駐車場のみで、庭や家周りは土のみでした..笑 (特に手は加えられてない何もない状態)

今少しづつ手を加えていっており、今回のDIYは花壇にする部分と小石を敷く部分をレンガブロックで仕切ろうというものです!

仕切る部分はこちらの2箇所です。

f:id:y_saiki:20210503210448j:plain

f:id:y_saiki:20210503210502j:plain

正直簡単にやろうと思えば土掘ってレンガ埋めればいいだけなんですよ(笑)

しかし、ただ単にレンガ埋めただけだと時間と共に沈んでいき高さもバラバラになってしまいます。

また側面からの力にも弱いので足引っかけて躓いたりするとボロッと取れたりしかねません。

そういう簡易的な作りが嫌なのである程度しっかり作ろうと思いできる範囲で、そうならないようにやるというものです。

材料

  • レンガブロック 5個×200円 → 購入し直したため7個×80円
  • コンクリート用のネジ 398円
  • スペーサー 2個×15円 → レンガの大きさが変わったため不要になりました
  • 2×6木材 91cm 398円
  • 砂利(袋破れのやすいやつ) 120円
  • 砕石(家にあったやつ) 0円
  • 防腐剤スプレー(家にあったやつ) 0円

だいたい2000円ほどで作れました。

まずは木材を半分に切り防腐剤で加工します。

天気のいい日にやれば、すぐ乾きます。

できれば2度塗りしたいくらいですが見えない部分なので1度だけやりました。

メインのパーツはこんな感じです。

f:id:y_saiki:20210503210827j:plain

作業開始(流れ)

上記の写真ではレンガに耐火レンガを使用していますが、私が購入したSORAKOのインパクトドライバーでは全く歯が立たなかったので、普通のレンガを購入し直してネジを打ち込みました。

このようにレンガを1本の木材に付けることでレンガ1個1個が独立した状態を防ぎ側面からの圧力に強くなるはず...です!

レンガは幅に合わせてタガネで割りました。

f:id:y_saiki:20210523173122j:plain

このようにインパクトドライバーでネジを取り付けました!

板の長さがレンガにそろっていないですが、レンガを1本の木材にまとめることが目的なのと埋めてしまい見えない部分なのでこれで問題はありません。

f:id:y_saiki:20210523173138j:plain

ちょうどピッタリでした!

汚れは後でブラシで洗います!

穴掘ってわかったのですが、埋めた場所はすでに基礎ができていたので省きました。

f:id:y_saiki:20210523173152j:plain

あとは土をかぶせ直して終わりです!

そして完成したものがこちらです!

f:id:y_saiki:20210604003417j:plain

f:id:y_saiki:20210604003428j:plain

【以下追記】

安いインパクトドライバーにしては意外にもよかったのですが、上手く押し付けられてなかったのか途中ネジを差し込めなくなり、ドライバービットを見てみたらかなり削れちゃってました…

ドライバービット、右側2本(摩耗してる)、左側1本(新品)

左側の1本が未使用のビットですが、右側2本は摩耗してるネジ穴と擦れて摩耗してしまっています。

先端が摩耗したドライバービット単体

こんなありさまです…

やはり付属のビットはあまり品質が良くないのかもしれないです。(もしかしたらネジ穴にフィットしていないものを使ってしまった?)

なのでAmazonで別途で購入しようと思います。

私が使用しているSORAKOのインパクトドライバーのビットは50mmなのでこちらに「50mm ドライバービット」で調べればすぐ見つかります。